アルケミスタ 評判

  • 強制的に投資を実践できる、クラブアルケミスタであれば個別フォロー


豪ドルの歴史と為替相場


まず、メルマガの読者から、クラブアルケミスタに参加したいけど、オーストラリアドルでの為替検討しているとのこと。 のちにはどちらもやった方がよいのですが、まずはざっくりオーストラリアドルの為替について説明しますね。今のご自身の状態と照らし合わせて検討してください。 


外国為替の運用すごく人気の通貨が、豪ドルだといいます。豪ドルは1996年に世界に登場した通貨でオーストラリアではオーストラリアポンドが使われていました、オーストラリアはポンドという名称が示すとおり、英国通過を中心としたポンド通貨圏に含まれていたのです。ポンドが豪ドルとなったことで英国ポンドから離れたということです。


1990年後半に悪化したのがオーストラリアの景気です。それはアジア通貨危機の為替の影響だといいます。下落の傾向に豪ドルは入っていましたが、為替レートは2000年に底を打ちその後はだんだん上昇経口になっていきました、資源国である豪ドルが注目されたのは、中国やインドの景気が回復し、資源値段が上昇したからだそうです。


継続的な利上げがあったことから、多くの人が豪ドルを購入しました、世界的な金融危機のせいで資源代金が大幅に下落したのが2007年です。投資マネーの豪ドルからの流出が、利下げをされたことで起こりましたが、以後は少しずつ回復してきているようです。中国向けの輸出拡大と大規模な経済対策を武器にこれからもどんどん伸びていく通貨であると豪ドルにつきましては予想することが可能です。


リスク要因としてインフレの高まりや金融規制の強化などがあげられます。でも逆に考えることもできます。豪ドルは為替差益を得るために大事な貨幣と考える人も増えていくでしょうね、



カードローンとキャッシングの違いについて



アルケミスタのグラフ

もう1つ藤田智則さんのアルケミスタを検討しているけど、投資の資金集めで迷っている方から。 キャッシュフローの関係で、売上げは立っているけど入金までにラグがある。でもできるだけ早く始めたいので、カードローンかキャッシングを検討しているけどこれはいい選択なのか? そもそもどんな違いがあるのか? という質問です。 そこで選択肢としてはなんとも言えませんが、両者の違いを解説しておきますね。


カードローンもキャッシングも、どうしても急にお金が必要になった時には大変便利なサービスです。キャッシングも、カードローンも、多くの利用者がいます。両者の違いはおのおののポイントを整理するとグッドな点デメリットがわかります。カードローンもキャッシングもお金を借りる点は同じですが、おもな違いは融資費用と返済選択です。


カードローンを利用すると分割払いになることが多いですが、キャッシングは一括になります。一括払いが前提になっていることからも明らかですが、キャッシングの融資額は、例外を除けば普通の場合は小口での融資になります。1万円から借りる事ができる小額の融資です。よってだいたい50万円くらいまでが目安になるのが、キャッシングです。


この借りた価格は、翌月に一括返済することが決められているため、金利もカードローンよりも高めに設定されています。キャッシングと違って、カードローンのほうは、場合によっては数百万円の貸付を行っているようです。借入れする値段が大きくなるため、返済方法は残高スライド方式か、定額のリボルビング払いが一般的です。


手続きの大変さや、審査の通りにくさという面もあるんですよね。カードローンは審査をクリアしにくく、簡単に融資は受けられません。大口の融資では、長期にわたって少しずつ返済をすることになるため、金利は低くなっているところが多いようです。カードローンにもキャッシングにも得する部分と損する部分があるのです。そして しっかり事前に比較検討をして、より適している方を選択しましょう。


そもそも利用すべきかどうか? はわかりませんが、このような違いがあります。入金スパンの問題もありますし、早く藤田智則さんのアルケミスタに参加したい気持ちもわかります。 でも3か月程度でしたら、現在無料で公開されているセミナーで勉強してみるのがいいかもしれませんね。






☆ ☆